葬儀の喪主になること

葬儀でよく聞いたことがあるのが、喪主という言葉です。喪主と言えばお葬式を行う上で、いなくてはならない存在です。また、自分の親や配偶者に加えて近しい家族が存命であれば、この先そういった人たちが亡くなってしまった時に、自分が喪主を務めなければいけないシーンも出てくる可能性があります。人の命はいつどうなるか分からないからこそ、自分が喪主になる時があるかもしれないことも踏まえて、急に喪主になった時にも的確な行動がとれるようにしておくことは大切です。基本的な知識だけでもしっかりと身につけておくようにしましょう。

喪主という言葉を聞くと、はっきりとどのような役割を担っているのかわからなくても、なんとなく葬式に関することの中で決定権を担っている人というイメージを抱くのではないでしょうか。喪主というのは葬儀を行う上で、亡くなってしまった故人に代わって、参列者がお悔やみを述べる弔問などを受けたり、挨拶したりするという重要な役割などを担っています。葬式を行う際には必ず誰かが喪主にならなくてはなりません。

葬儀を行うとなった時に、さまざまな準備は葬儀会社に任せるというのが一般的ですが、喪主というのは葬式などに関係するさまざまなことを決定する権利を持っているので、準備を進めていく上で多くのことを喪主の権限によって決めていかなければなりません。どこからどこまでを喪主がやらなければいけないという明確な決まりなどは定められてはいませんが、喪主というのは遺族の代表的な存在です。そのため葬式などを行う上で、公に出なければいけない立場でもあります。大変な立場ではありますが、責任をもって故人を弔うという面からも、なくてはならない存在です。

また、喪主になる上で知っておいて欲しいのが、葬儀が終わったら喪主の役割が完全に終了するというわけではないという点です。葬儀が終わったあとも、年数が経過するごとに決まった時期に法事などを開くことがあります。喪主となった人は、このような葬儀が終わった後に開かれる法事でも主催者として動くのが一般的なことですから、必要に応じて時期が来たら自らが行動を起こして故人を弔うための法要の準備などを進めていかなければいけません。責任もあり、すべきことも多くありますが、喪主としての役割を認識した上でその務めをしっかりと果たし、故人が安らかな眠りにつくことが出来るように供養を行っていくことは大切なことです。

NEW TOPICS

2018年08月28日
ホームページを更新しました。